県立千葉高同窓会のオフィシャルサイト

平成26(2014)年度の行事報告

平成26(2014)年度の行事報告


H26.9.20 第4回 千葉高若手交流会を開催しました

9月20日に、「第4回千葉高若手交流会」を無事開催することができました。
今回も大学生や若手社会人などが集まり、一次会は立食パーティで50名強が参加し、クイズ大会やプレゼンテーションタイムなどで大いに盛り上がりました。その後、大半の方が二次会に参加し、大変な熱気でした。夏休み、期末ということもあってか人数はいつもより少な目でしたが、その分密度の濃い交流ができたような気がします。
無事に執り行うことができましたのも、同窓会事務局はじめ同窓の先輩方のご支援の賜物と、深く感謝申し上げます。
今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

東 寿浩(平成12年卒)記 

第4回若手交流会の概要

  • 日時:平成26年9月20日(土)

    16:30………受付開始
    17:00………開会
    19:00………写真撮影、閉会
    19:30~……下記会場で2次会を予定しています。

  • 1次会会場:「ル・ディアモン銀座」
         〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-2-14
                紫ビル8F
  • 会 費:

    2014年3月卒 ……………………………………1,000円
    学 生(卒業2年目以降)………………………3,000円
    社会人 2005年以降卒(卒業10年以内)……4,000円
        2004年以前卒 …………………………5,000円

  • 2次会会場  「All Night JASMINE」
           〒104-0061 東京都中央区銀座7-2-14
                  第26ポールスタービル3F
       ●開宴時間…………………19:30〜
       ●2次会会費………………3,000円


第4回若手交流会スナップ

懇談風景 懇談風景
懇談風景 懇談風景
乾杯 集合写真

H26.02.01 平成26年度同窓会総会・懇親会を開催しました。

平成26年2月1日(土曜日)今年はアパホテル&リゾート東京ベイ幕張のイベントホールにおいて、340余名の参加を得て、盛大に開催されました。
午後3時00分より受付を開始、その後4時より総会・合同懇親会が開催されました。
ステージ正面には、大スクリーンがはられ、恒例になった43年卒制作の母校旧校舎玄関の写真がステージ右手に大きなタペストリーになって飾られていました。
理事会の報告のみを行う総会は、4時00分から五木田事務局次長の司会進行により行なわれました。
はじめに霜同窓会会長の挨拶がありましたが、14年に亘る長期間会長職を続けられたのも同窓諸氏の支援の賜物と事務局のサポートのお陰と感謝の言葉がありました。
今回で交代する新会長以下執行部を紹介し、更に今回で退任する永田副会長も壇上に上げ、新会長の挨拶になりました。
新会長挨拶の後、千葉中学・千葉高校の高岡正幸校長先生のご祝辞を戴きました。

今回は新会則後はじめてのこともあり、どのように報告しようか戸惑っておりましたが、幸か不幸か会長以下のあいさつで時間が無く、理事会承認の1から8までの案件を阿佐事務局長が駆け足で報告するに留まりました。
4時からオンタイムで始めた総会は2分少し超過したもののスムーズに進行することができました。

続く懇親会は47年卒が企画運営を行いました。
今年は、総会前や総会後にプロの方々が学校に2回もロケをして撮影したのすばらしい映像を見、音楽を聴く機会を作ってくれました。
懇親会は先田幸次郎新副会長の乾杯の発声で始まりました。
平成年度の卒業生も20名以上参加され、小さなお子様連れのお母さんも初めて参加されたのが印象的でした。
昭和22年卒の斉藤喜久三、白井進先輩から、平成23年卒の小林和貴さんまで64歳という年代差を感じない良い懇親会になりました。
次回担当幹事をされる昭和48年卒の始平堂玄昌氏へ年度幹事代理の方から、昭和27年卒作成の盾を渡しました。次回の会場は京成ホテルミラマーレにて行われ予定です。
そして午後7時合同懇親会は閉会しました。
1年前から準備をされていた年度代表の神代隆史氏がインフルエンザに罹り、急きょ欠席となったため大変ご苦労されたようです。

会長退任のあいさつ
会長のあいさつ
会長への花束贈呈  花束贈呈アップ
高岡学校長あいさつ  あいさつ

 クリックすると大きくなります。


H26.01.18 平成26年度同窓会定時理事会を開催しました。



平成26年1月18日(土)午後2時より千葉高等学校大会議室(2階)において、理事役員82名の参加を得て、平成26年度の定時理事会が開催されました。
会議は五木田事務局次長の司会で始まりました。
昨年の総会で今年度から理事会が定時理事会と名称も変え、また最高議決機関となりました。
冒頭の霜同窓会長あいさつの中で、退任にあたって14年間にわたって支援を頂いた御礼のことばと次期役員の紹介があり、新会長候補の鈴木一郎氏(昭和35卒)の紹介とあいさつ、同じく退任する永田忠以副会長の退任あいさつがあった。
続いて高岡校長先生のご挨拶並びに学校の進学状況や生徒の活躍の状況説明をいただきました。

  • 議事
  • 1号議案  平成25年度 事業報告
    五木田事務局次長より1年間の事業報告が行われ満場一致で承認されました。
  • 2号議案  平成25年度 決算報告及び監査報告
    伊藤会計より決算報告が行われ、続いて山本康昭監査より会計監査報告が行われ満場一致で承認されました。
  • 3号議案  平成26年度 事業計画(案)
    五木田次長から同窓会の事業計画を提案したが、例年と違い3月30日に新運動場整備事業の竣工祝賀会を催行することを提案し、満場一致で承認された。
  • 4号議案  平成26年度 予算(案)
    伊藤会計より今年度の予算案が提案された。事業計画で提案した竣工祝賀会について、報告書作成並びに祝賀会経費として150万円を計上したことを提案、満場一致で承認された。
  • 5号議案  役員改選(案)
    阿佐事務局長より新役員案の提案があった。
    新会長は鈴木一郎氏(昭和35年卒)、会則変更により1名の女性副会長を入れることになり、副会長は留任の櫛部健夫氏(昭和44年卒)、新任の戸谷久子氏(昭和46年卒)、先田幸次郎氏(定昭和49年卒)の以上3名。
    事務局は阿佐幸雄事務局長(昭和35年卒)、五木田 純事務局次長(昭和48年卒)、伊藤 毅会計(昭和59年卒)とすべて留任することを提案。
    異議なく承認された。
  • 6号議案  会則・細則の一部変更(案)
    会則の第11条2項の地域・職域・OB会から各1名の理事が選出できるが、何という理事か不明ということで「団体理事」という名称を加えるという案が上程され、異議なく承認された。
  • 7号議案  運動場拡充のための募金活動報告
    平成24年5月から開始した募金活動は7721万円を集めたがその状況を報告。承認された。
  • 8号議案  新運動場整備実行委員会活動報告
    昨年総会で設置を承認された「新運動場整備実行委員会」は昨年5月より活動を開始、以来工事完成まで活動を続けるとの報告があり、承認された。

以上で議事は終了し、議長を解任し、その他の各支部、同期会の報告と2月1日の総会の準備状況について、担当幹事の47年卒の神代氏から報告があった。
このようにして1時間半の理事会は無事終了しました。


H26.01.11 平成24年卒(64回生)成人記念同期会を開催



平成24年3月19日に卒業した第64回生の「成人記念同期会」をホテルプラザ菜の花(モノレール県庁駅脇)で行いました。
生徒250名、恩師10名、同窓会より4名、合計264名の盛大な同期会になりました。
参加費が1,000円なので参加者が多いのかも知れませんが、卒業した320名のうち何と80%の卒業生が集まる同期会が実現できました。
この流れが今後も続いてくれるように願っています。
今回から前年度の代表・副代表がサポーターとしてお手伝いくださいました。
受付から閉会まで同窓会役員がやることには限度があり、尚かつ全く面識のない若い後輩と一緒に過ごすのも限度がありますので、その点1年先輩のフォローは大きなものがありました。
このサポート制度はこれからも続けて行くようにしたいと思います。

第64期同期会会長の溝花弘登さんより同窓会報への寄稿がありましたので、ご披露します。

 先日、柔道部の友人と後輩の練習に訪問しました。今年は柔道部、ラグビー部が関東大会に出場しましたが、実はこれは柔道部で何年も目標にされてきたことで、後輩が達成してくれて非常に充足感がありました。今年は私たちが3年生の時の1年生の大学受験の年であり、千葉中学校にとっては卒業生が初めて大学受験に臨む年でもあります。そちらの結果も卒業生として期待して待っております。
 さて、去る1月11日、64期同期生の成人記念同期会が催され、250名以上の卒業生が集まりました。成人記念同期会としては過去最高の参加人数で、改めてこの学年の結束の強さを感じました。また、恩師の先生方も多く参加してくださり、卒業生が皆喜びの声をあげていました。2年ぶりに再会した友人達は、在校時の面影を残しながらも、明瞭さに差はあれどもそれぞれの夢に向かって確実に進み、成長している姿が眩しく感じられました。千葉高が、どれほど人に恵まれた環境であったかしみじみと感じました。成人という大きな節目に、良い思い出が作れたと思います。
最後になりましたが、同期会の開催に多大なお力添えをいただきました同窓会事務局長の阿佐幸雄様、63期代表の岡本奈生加様には、この場を借りて御礼申し上げます。

 クリックすると大きくなります。

永田同窓会副会長のごあいさつ  恩師の先生方ごあいさつ
恩師の先生方  画像の説明
画像の説明  画像の説明
画像の説明  画像の説明画像の説明  お手伝いくださった第63期会長と副会長

powered by HAIK 7.2.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional